富士重工業が社名を変更、「SUBARU」へ

2017年4月1日から新商号に

 5月12日、富士重工業の吉永泰之社長(写真)は決算会見で、2021年に電気自動車の投入を計画していると述べた。写真は2014年11月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 12日 ロイター] - 富士重工業<7270.T>は12日、商号を「SUBARU」に変更すると発表した。2017年4月1日から新商号となる。

6月28日開催の株主総会で、商号に関する定款の一部変更の承認を得る予定。

また吉永泰之社長は12日の決算会見で、2021年に電気自動車の投入を計画していると述べた。また同社は、タカタ<7312.T>のエアバッグ問題をめぐる2015年度通期のリコール費用が170億円に上ると明らかにした。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。