篠田麻里子、険しすぎた「快眠」奪還の道のり

20代の「生き急いでいた自分」を変えた理由

篠田さん流の “快眠のコツ”とは?

現在、モデルだけでなく女優としても活躍、4月公開の映画『テラフォーマーズ』にも出演している篠田麻里子さん。趣味・特技は睡眠、短時間睡眠で大丈夫なショートスリーパーとしても知られる彼女ですが、実はAKB48卒業後に不眠に悩んだ時期があり、睡眠習慣の改善に取り組んだといいます。

篠田さんは不眠をどのように克服し、今はどのような睡眠生活を送っているのでしょうか?

AKB48時代は毎日3時間睡眠

当記事はFuminnersの提供記事です

AKB48時代は毎日3時間睡眠。でも、いつでもどこでも寝すぎ!?

「1日24時間じゃ足りないですね、やりたいことが多すぎて。寝ている時間がもったいないと思っちゃうんです。だから、子どもの頃から睡眠時間は少なくても平気。でも、朝は起きられないから、中高生の頃はしょっちゅう遅刻して、授業中にはいつも居眠りをしていました(笑)」

3、4時間しか眠る時間がありませんでした

そう語る篠田さんが芸能界に入ったのは19歳のとき。AKB48のメンバーとしてデビューしてあっと言う間に売れっ子となった彼女は、多忙なスケジュールの中で毎日3、4時間しか眠る時間がなかったといいます。時には、一睡もせずに仕事に行くこともあったそう。

「あの頃は、常にアドレナリンが出て興奮状態という感じだったので、眠らなくても全然平気だったんです。その代わり、ロケバスの中でもソファの上でもすぐに寝られました。“どこでも寝られるのは才能だね”って言われるぐらい(笑)」

次ページ居眠りぐせや寝言は、睡眠問題のサインだった?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。