不眠地獄から生還!伝説のCAに学ぶ睡眠作法

時差、多忙、緊張…克服のカギはシンプル思考

スーパーCAが実践する、身だしなみとしての睡眠習慣とは?

フライトによって毎日の出勤時刻が異なるうえ、時差もある…。そんな不規則な生活にならざるをえないキャビンアテンダント(以下CA)を、25年間勤めあげた里岡美津奈さん。

ANA(全日本空輸株式会社)のCAとして、皇室や歴代総理、各国首相といったVIP搭乗機を担当したり、チーフパーサーとしてマネジメント業務に携わったりと、重要なポジションを経て、いつしか「伝説のCA」と呼ばれる存在に。

長時間にわたるフライト業務や時差に苦しみ、不眠のスパイラルにはまるCAの方も多い中、どうやって25年間も最前線で活躍し続けることができたのでしょうか。その秘密に迫りました。

多忙とストレスを極めたCA時代

当記事はFuminnersの提供記事です

里岡さんがCAとしてデビューしたのは、社会進出する女性が現在より圧倒的に少なかった80年代。飛行機に乗って海外を飛び回れる仕事に強い憧れを抱き、この道を選んだそう。

しかし入社当初は、不規則な生活や接客の緊張などにストレスを感じ、不眠に悩まされることもあったといいます。

次ページ仕事にメリハリが出始めたきっかけは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。