平和はPGMのアコーディア買収を支援

純有利子負債が2.8倍に

ゴルフ場運営大手、PGMホールディングスが同業最大手のアコーディア・ゴルフに対してTOB(株式公開買い付け)を行うことで、親会社である平和(パチンコ・パチスロ機器大手)の業績や財務状況にも一定のインパクトを与えそうだ。

有利子負債膨らむが財務健全性は確保

TOBによる買い付け予定株数としては、下限が20万9224株で発行済み株式数の20.00%(応募株数がこれに満たない場合は全部を買い付けない)、上限は52万4105株で同じく50.10%(これを超えた場合は按分比例で買い付ける)を設定している。

PGMが決めた買い付け価格は、アコーディア株の15日終値5万3200円に対し、プレミアムを50%強も上乗せした8万1000円。下限の20.00%買い付けた場合で169億円、上限の50.10%買い付けた場合で424億円の買収資金が必要となる。

PGMの神田有宏社長は、11月15日に都内で開かれたTOBに関する記者会見の場で、「PGMの自己資金と親会社・平和からの融資でまかなう」と説明。PGMの自己資金としては80億円が想定されており、平和からの融資は、20.00%買い付けの場合で90億円前後、50.10%買い付けの場合で340億円程度になる。

次ページPGM連結が業績寄与
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。