PGMがアコーディア・ゴルフに敵対的買収

委任状争奪経て直接対決

ゴルフ場運営2強がついに公の場で経営統合をめぐって直接対決する。

ゴルフ場運営で国内2位のPGMホールディングスは、11月15日の午後3時、同業で同じく最大手のアコーディア・ゴルフに対して、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。同日の午後5時から、PGMの神田有宏社長(下写真)が都内で記者会見を開く。

買い付け期間は11月16日から来年2013年1月17日までの38日間(営業日ベース)。PGMは今回のTOB発表に当たってアコーディア側とは一切協議しておらず、いわゆる「敵対的買収」になる。

買い付け価格は8万1000円。アコーディア株の11月15日終値は5万3200円であり、買い付け価格はこれを50%強も上回る。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。