ママ消耗…「イクメンもどき」の4つの問題点

1日1家事のみで「やったアピール」炸裂…

育児・家事を「やっているつもり」でも、それは本当にママの役に立っているでしょうか(写真:Graphs / PIXTA)

今リクルートや三重県庁などが「男性の育児参画」を推進していることで話題になっていますが、いっぽうで“イクメンもどき”、“なんちゃってイクメン”などが取り沙汰されることも増え、育児したつもりになっているパパの態度に、ママたちの新たな不満が生まれてきている様子……。

そこで今日は、ママたちをイラッとさせる「イクメンもどき」の特徴と「真のイクメン」についてお伝えします。

7~8割が家事育児をほとんどしない!?

当記事はIt Mama(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

ワークライフバランスに詳しい中央大学の佐藤博樹教授は「7~8割の男性が、いまだに家事や育児をほとんどしていない一方で、(家事や育児を)やる夫の携わる時間は長くなっている」と指摘しています。

同氏は「男性は家事や育児に積極的な層と、統計的にはゼロの層に分かれており、やらない人の参加へのハードルは高い。参加ゼロの層にいる男性を変える取り組みを強化する必要がある」と語っています。

先日NHKで放送された『ママたちが非常事態!?』という番組の中でも大きく紹介されていましたが、現代のように核家族化し1対1でママが子どもを育てることは、動物として難しいとのこと。

動物は集団で子どもを育てるようにできているから、ママたちがたった1人で子育てできるはずがないんです! そこで必要なのはパパなんです! そう“イクメン”です。ここでいう「ゼロ層」を減らさないかぎり、ママも子どもも苦労を強いられるのです。

次ページ妻を苛立たせる「イクメンもどき」4パターン
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。