玩具みたいな「組み立てカメラ」が斬新すぎる

モジュール化&再構成でカメラを問い直した

見た目はカラフルなブロックだが実は?(写真はYou Tubeより)

一見、幼児があそぶカラフルなブロックにも見える。ところがこのブロック、ひとつひとつがモジュール化された部品で、組み合わせによってさまざまな機能を持つカメラが作れるのだ。

開発したのは、アメリカ・コロンビア大学のShree Nayar教授と、リコーからの客員研究者のオダマキ・マコト氏。コロンビア大学のウェブサイトで紹介されている。

モジュールを組み合わせさまざまな特殊撮影が可能

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

『Cambits』と名づけられたこのシステム、各ブロックは色によって、センサー、照明、アクチュエーター、レンズ、光学アタッチメントなどの種類に分かれる。

それぞれは簡単に接続することができて、それによって、例えば、ハイダイナミックレンジ画像、パノラマ画像、リフォーカシング、ライトフィールド画像、深度画像、万華鏡画像、そして顕微画像まで撮影が可能なカメラが作れる。

「従来のカメラは、一種類の画像が撮れるだけのブラックボックスでした。私たちは、あらゆる種類の画像を撮影できるような、モジュール化されて再構成も可能なハードウェアとソフトウェアを使うことで、カメラという器具を考え直してみたかったのです」

と、Nayar教授はいう。

次ページ超カンタンにいろんな機能を足しあわせられる!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。