両足で20ワット!歩いてスマホ充電の新技術

無駄になっているエネルギーを有効活用

スマホが電池切れになったら、靴から充電するという手が使えるようになるかもしれない(写真はウィスコンシン大学マディソン校のサイトより)

近い将来、スマホが電池切れになったら、靴から充電するという手が使えるようになるかもしれない。ウィスコンシン大学マディソン校の研究者がそんな靴を開発している。

これは、人間の動きを電力に変えるのに適した技術で、同大学の機械工学部のTom Krupenki教授とJ.Ashley Taylor氏の論文によって発表されたものだという。同大学のウェブサイトで紹介されている。この技術を使えば、靴の中に発電装置を内蔵することができ、歩くことで発電してそのエネルギーを蓄えることができるというものだ。

たとえば、無線機やGPSや暗視ゴーグルなどのバッテリーを運ばなくてはいけない兵士や、僻地、開発途上国など電力網が整備されていない地域の人々のためにも非常に役に立つものになりそうだ。

熱として消費されているだけのエネルギーを活用

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

Krupenkin教授は、下記のように語っている。

「人間の歩行というのは、じつに大きなエネルギーを必要とするものなのです。理論的に見積もれば、片足が10ワットは生み出しています。

しかし、それはただ熱として消費されているだけなのです。両足で20ワットというエネルギーは、特に現代のモバイルデバイスが必要としている電力を考えた場合、けっして馬鹿にできるものではありません。」

次ページ歩行の動きを電気に変換する方法とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。