ニューヨーク市場の円は「107円前半」を維持

一時的に下げたが、終盤に持ち直す

 5月6日、ニューヨーク市場は円が107円台前半と横ばいで推移。写真はダドリーNY連銀総裁。ニューヨークで昨年4月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、円相場が107円台前半と前日終盤からほぼ横ばいで推移。朝方発表された雇用統計で雇用者数の伸びが予想を下回るなか、ドルは一時的に下げ幅を拡大する場面もみられたが、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁の発言を受け値を戻した。

4月の非農業部門雇用者数は16万人増で、7カ月ぶりの低い伸びにとどまったほか、市場予想の20万2000人増を下回った。失業率は横ばいの5.0%で予想と一致。時間当たり賃金は前月比0.3%増、前年比で2.5%増加した。

こうしたなか、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁は、ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙とのインタビューで、連邦準備理事会(FRB)は依然として年内2回の利上げを行う可能性があるとの認識を示した。

コモンウエルス・フォーリン・エクスチェンジ(ワシントン)の首席市場ストラテジスト、オメル・エジナー氏は「総裁発言は市場の期待よりもタカ派的だった」と指摘。先物は12月利上げの可能性を織り込む動きとなった。

ドル/円<JPY=>は0.1%高の107.12円。ドル指数<.DXY>は0.1%高の93.857。一時0.6%下落した。ユーロ/ドル<EUR=>は1.1398ドルとほぼ横ばい。

豪ドル <AUD=D4> は1.4%安の0.7366米ドル。週間では3.3%値下がりした。豪準備銀行(中銀)は6日発表した四半期金融政策報告のなかで、インフレ見通しを引き下げた。賃金や物価圧力をめぐる先行き見通しを主な不透明要因に挙げ、追加利下げに含みを持たせた。

ドル/円 
NY終値 107.10/107.15
  始値 106.96
  高値 107.22
  安値 106.45

ユーロ/ドル 
NY終値 1.1402/1.1408
  始値 1.1424
  高値 1.1476
  安値 1.1387

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。