銀行が販売急ぐ「外貨建て変額保険」は買いか

「最低保証」という宣伝文句の本当の意味は?

銀行が販売に力を入れている「外貨建て変額保険」は、銀行に多くの販売手数料が入る仕組みになっている(撮影:尾形文繁)

「円高になって、株価も下がっていますから、外貨での運用を始めるには今がいいタイミングですよね。この保険はいかがですか」

4月下旬、東京都内にある大手銀行の支店。資産運用の相談をしたところ、窓口の女性はそう言って、外貨建て変額保険の購入を勧めてきた。今、銀行で、保険販売が熱を帯びている。

銀行が「外貨建て変額保険」の販売に力を入れるワケ

日本銀行がマイナス金利政策まで導入し、銀行の運用利回りは低下の一途。収益減にあえぐ銀行は手数料ビジネスを強化している。特に外貨建て変額保険の販売に熱心だ。

この保険で銀行は一時払い保険料の「5~9%」という高い販売手数料を得ることができる。円建てのそれは3%程度で、その差は歴然。商品性が似ている投資信託の販売手数料もせいぜい3%程度だ。

こうした手数料稼ぎに走る姿を見かねたのか、銀行や保険会社の監督官庁である金融庁は今年1月、保険各社へある要請をした。銀行など金融機関で販売する、投資信託に類似したリスクを持つ保険商品について、“販売手数料を開示"するように、と。

金融庁の森信親長官は『文藝春秋』5月号で、外貨建て保険が銀行で売れている理由をこう指摘した。「今の金利状況では考えにくい高率の手数料を(保険会社が銀行に)支払っているからです」。

次ページ金融庁の指摘を受けて生命保険会社は・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。