ユニクロも僕も大変、でも今は大チャンス

柳井氏後継候補の1人 堂前宣夫 (上)

堂前 宣夫
ファーストリテイリング グループ上席執行役員
堂前 宣夫
1969年、山口県生まれ。93年東京大学大学院・電子工学修士課程修了。同年4月マッキンゼーアンドカンパニーインク入社。98年9月ファーストリテイリング(FR)に転職。29歳で役員に抜擢され、99年フリースブームをサプライチェーンの構築から支える。04年11月FR取締役副社長、ユニクロUSA CEO 。現在はFRグループの上席執行役員。10年7月からユニクロの米国、欧州事業の統括責任者を務める。
――国内では他の追随を許さないファーストリテイリング(FR)。1984年に広島に「ユニクロ」1号店を出店以来、今13年8月期は売上高1兆円の大台突破が確実。だが、トップの柳井正会長兼社長(63)がそれで満足することはない。目標はあくまで世界一、2020年の売上高5兆円だ。
柳井ばかりに脚光が当たりがちだが、柳井を支える「ナンバー2」格にもきらびやかな人材が多数いる。主に国内やアジア全体を統括する大笘直樹(52)、MD(商品政策)を一手に担うダイエー出身の中嶋修一(49)、中国では潘寧(パンニン)などだ。さらに急成長している「ジーユー」ブランドを率いる柚木治(47)も注目度が高い。

堂前宣夫も、その「ナンバー2」格の1人だ。だが、入れ替わりが激しいとされるFRのトップ級役員の中で、43歳にして在籍はすでに約15年。あまりマスコミの前に登場しないが、98年の「フリースブーム」から米国事業の立ち上げ、昨年のニューヨーク5番街出店に至るまで、ユニクロとともに大きく成長してきたキーパーソン中のキーパーソンだ。

人工知能の研究者を目指していた

本人は「ただ一生懸命やってきただけ」と用心深い。低姿勢を崩さない。もちろん、FRの中では有数の切れ者として通っている。当然ながら、次期トップ候補の1人でもある。だが、冷静に話す見掛けと、内面はまったく違うのかもしれない。過去には柳井と反りが合わず、会社を飛び出したこともあるのだ。

FRはそもそもいったん辞めた社員でも条件が折り合えばすぐに再入社、と比較的出入りが「自由」な企業の1つ。だが、役員クラスとなると話は別だ。玉塚元一(現ローソン副社長)のように、柳井の下を去っていった人物が圧倒的なのだ。それからすると、堂前は例外中の例外の「ナンバー2」なのだ。

次ページFR入社の前に試練があった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング