アップル、法人向けアプリ開発でSAPと提携

IBM、シスコに続き3社目の「法人向け」提携

 5月5日、米アップルは独ソフトウエア大手SAPと提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。写真はアップルのロゴ。ミュンヘンで1月撮影(2016年 ロイター/Michaela Rehle)

[5日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は独ソフトウエア大手SAP<SAPG.DE>と提携し、法人向けのモバイルアプリを開発する。両社が5日に発表した。

アップルは従来、法人用ソフトウエア市場からは距離を置いていたが、この2年間でIBM<IBM.N>やシスコシステムズ<CSCO.O>と相次いで提携。今回のSAPとの提携でコーポレート・コンピューティング部門を強化する。

SAPは、自社の「HANA」データベースソフトウエアを活用し、iPhone(アイフォーン)とiPad(アイパッド)向けにモバイルビジネスアプリを開発するためアップルと提携すると発表。SAPのビジネスソフトウエアは世界の大手2000社のうち87%で利用されている。

アップルは昨年9月、自社の法人向け事業は過去1年間で250億ドルを売り上げ、全体の売り上げの約14%を占めたと明らかにした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。