新日鐵住金の厳しい船出

旧2社で純損失3104億円

旧新日本製鐵と旧住友金属工業が10月に合併して誕生した新日鐵住金。粗鋼生産量でアルセロール・ミタルに次ぐ世界2位の鉄鋼メーカーに躍り出た、巨艦の直近業績がまとまった。

11月9日に発表された旧新日鉄の今上期(12年4~9月期)業績は、売上高1兆9182億円(前年同期比5.4%減)、営業損失26億円(前年同期は644億円の営業黒字)、経常利益195億円(前年同期比79.3%減)、純損失1766億円(前年同期は487億円の最終黒字)だった。

一方、旧住金の今上期は、売上高6936億円(前年同期比0.2%増)、営業利益157億円(同61.8%減)、経常利益108億円(同73.9%減)、純損失1338億円(前年同期は323億円の最終損失)だった。

両社を単純合算すると売上高は2兆6118億円、営業利益131億円、経常利益303億円、純損失3105億円となる。

市況軟化や原料価格下落が響く

今上期の旧2社合わせての生産出荷量は、前下期に比べてわずかに増加したが、東アジアにおける市況軟化や、原料価格下落による在庫評価損の発生が響き、収益面では厳しかった。また、製鉄所の減損処理などによって、旧新日鉄が2579億円、旧住金が1456億円の特別損失を計上したことから、大幅な純損失となった。

次ページ13年3月期見通しは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。