サーカスで虐待されていたライオン33頭救出

新天地はアフリカの保護区

 4月30日、南米のサーカス団で虐待などを受けていたライオン33頭が、国際動物保護団体(ADI)によって救出され、本来の生息地であるアフリカの大自然の中で新たな生活を送ることになった。写真は、移送を待つライオン。29日撮影(2016年 ロイター/Janine Costa)

[ヨハネスブルク 30日 ロイター] - 南米のサーカス団で虐待などを受けていたライオン33頭が、国際動物保護団体(ADI)によって救出され、本来の生息地であるアフリカの大自然の中で新たな生活を送ることになった。

チャーター貨物機で運ばれたライオンは30日、南アフリカのヨハネスブルク空港に到着。「移動中は比較的元気だった」といい、トラックに積み替えられ、最終目的地である同国北部の広大なエモヤ・ビッグ・キャット自然保護区に向かった。

ADIによると、24頭はペルーの複数のサーカス団から見世物にされていた他の動物とともに救出された。9頭はコロンビアのサーカス団が自主的に引き渡したという。

多くのライオンが爪を抜かれたり、牙を折られたりし、中には失明したライオンもいる。ADIによると、野生動物の保護区であれば、自然環境に近く、水飲み場や生活スペースも用意されており、徐々に新しい暮らしに慣れていくだろうという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。