ソニー、「エレキ5年ぶり黒字化」でも残る心配

デバイス分野は赤字に転落

 4月28日、ソニーのの吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は決算会見で、熊本地震の影響について「現時点ではまだ見積もることはできない」と述べ、5月24日に公表する方向で準備を進めていることを明らかにした。写真は都内で2015年4月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 28日 ロイター] - ソニー<6758.T>の吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は28日の決算会見で、熊本地震の影響について「現時点ではまだ見積もることはできない」と述べ、5月24日に公表する方向で準備を進めていることを明らかにした。

熊本工場が地震の影響で停止

同社は熊本工場(熊本県菊陽町)でイメージセンサーなどを生産しているが、地震の影響で生産設備等が損傷、生産を一時停止している。

吉田副社長は「生産停止が一定期間継続することにより、主にデバイス分野とイメージング・プロダクツ&ソリューション分野において多額の機会損失が生じる可能性がある」と指摘。また、この生産停止や一部サプライヤーの工場被災により、スマートフォンやゲームなど他の事業にも影響が及ぶ可能性があるとの認識を示した。

吉田副社長は「地震保険の保障額の上限は200億円だが、今回の地震によって生じる損失のすべてをカバーできない可能性がある」と語った。

同社は5月24日に業績予想を発表する予定で、「長期的な影響があるかどうかも精査して、24日にできるだけ答えられるように準備を進めたい」という。

次ページエレキが5年ぶりに営業黒字
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。