飯田のミクロ 新しい経済学の教科書(1) 飯田泰之著

Books Review

経済学の価値観と思考法を身に付けるならば、ミクロ経済学こそが入門にはふさわしいと若手論客の著者は言う。

経済学思考の「クセ」の源は「(方法論的)個人主義」と「(資源の)有限性」にある。倫理的・思想的是非はさておき、役に立つから個人主義的な思考方法に従おうとし、同時に希少な資源の最適配分で考えようとする。結果として経済主体の合理的行動をインセンティブで説明し、そのカギになるのが利益最大化の裁定取引・行動。市場や競争、長期の概念も、長期が仮想的な長期定常状態であるなど、日常用語と異なることを理解しておく必要がある。

「教養として」経済学を学びたい人に向けた、経済学的な思考を養うための入門書。

光文社新書 777円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。