米医薬会社を巨額買収 エーザイの大勝負

米医薬会社を巨額買収エーザイの大勝負

国内製薬4位のエーザイが米医薬品会社の買収を発表。巨額の資金をつぎ込む切実な理由とは。(『週刊東洋経済』12月22日号より)

総額4350億円。エーザイが発表した米バイオ医薬企業MGIファーマ買収は医薬業界でも突出した規模だった。目下、業界では「抗体医薬」がブームだ。11月にはアステラス製薬がガン領域の抗体医薬ベンチャーを買収。武田薬品工業も米国に抗体医薬の研究会社を設立した。先のキリンホールディングスによる協和発酵工業買収も、主眼は両社が保有する抗体医薬技術の融合にある。

人には免疫力という防御システムがあり、病原菌の侵入に対して抗体を作り病気を防ぐ作用がある。これを生かすのが免疫療法で、抗体医薬はその一つだ。副作用が少なく目的患部にピンポイントで作用するため、ガンなど治療が難しい疾患の治療効果が期待される。また、従来の医薬品市場は高血圧や高脂血症などの生活習慣病が中心だったが、今後はガンや精神疾患など治療満足度の低い分野の成長性が注目されている。 

エーザイも今年3月にガン領域の抗体医薬ベンチャーを買収済み。今回のMGIはガン治療に伴う悪心・嘔吐の抑制剤や脳腫瘍向け抗ガン剤、骨髄異形成症候群治療薬を持ち、成長余地のある分野で品ぞろえが増す。さらに新薬候補品には治療用DNAワクチンがあり、免疫療法領域の強化につながる。2006年度の売り上げは400億円弱で赤字だが、「今後5年間平均で35%以上の成長を見込む」(内藤晴夫社長)という。

特許切れを補えるか

日本では薬価引き下げやジェネリック(後発)医薬品の使用促進政策が相次ぎ、すでに成長市場ではない。国内の製薬大手各社は海外ビジネスの強化で成長を続けてきた。だが、現在の主力品は1990年代に発売したものが多く、11年末までに次々と特許失効を迎える。特に海外では失効後、急速にジェネリックが取って代わるため、失効前の売上高が大きいほどその反動が大きい。エーザイの場合、屋台骨であるアルツハイマー型認知症薬「アリセプト」が、最大市場の米国で10年度に物質特許切れを迎える。

10月には武田薬品の高脂血症薬、エーザイのパーキンソン病薬で開発計画遅延が表面化。開発や特許切れリスク--。抗体など次世代技術で医薬品ビジネスが宿命的に抱えるリスクをどこまで軽減できるかは未知数だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。