サムスン電子、第1四半期はスマホ好調で12%増益 今期も「楽観」

アップルとは対照的な決算に

4月28日、韓国サムスン電子が発表した第1・四半期決算は、売上高が49兆8000億ウォンとなった。ソウルの同社本社で4日撮影(2016年 ロイター/KIM HONG-JI)

[ソウル 28日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>が28日に発表した第1・四半期決算は、営業利益が前年比12%増加した。主力のスマートフォン「ギャラクシーS7」の販売が好調だったことが寄与した。

営業利益は6兆7000億ウォン(58億4000万ドル)。自社予想は6兆6000億ウォンだった。

売上高は5.7%増の49兆8000億ウォン。自社予想は49兆ウォンだった。

モバイル部門の利益は前年比42%増の3兆9000億ウォン。2014年第2・四半期以来の高水準となった。また、約2年ぶりに社内で最も利益を稼いだ部門となった。

半導体部門の営業利益は2兆9000億ウォンから2兆6000億ウォンに減少。パソコン向けを中心に半導体需要が落ち込み、価格が下がったことが響いた。

同社は「モバイルおよび半導体部門の安定的な収益を背景に、第2・四半期も好調な業績が続く」との見通しを示した。

投資家向け広報(IR)責任者、ロバート・イ氏は決算発表後の電話会議で、第2・四半期の営業利益が前期比で増加することを「慎重ながらも楽観」していると語った。

サムスン電子は第2・四半期のスマートフォン以外の携帯電話を含む携帯端末出荷台数について、第1・四半期の9200万台をやや下回るとの見通しを示した。旧モデルの段階的な廃止が一因。ただ平均販売価格はやや上昇するとしている。

市場調査会社トレンドフォースは、ギャラクシーS7とS7エッジを合わせた出荷が年末までに5200万台に達すると予想。発売初年の販売台数としては、ギャラクシーS4の過去最高記録(4700万台)を更新するとの見通しを示した。

同社はまたこの日、計11兆3000億ウォンの自社株買い計画の第3段として、2兆ウォン相当の株式を取得すると発表した。

また、2016年に四半期配当の実施は計画していないという。

*内容を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。