クロスピア2016春

臨床に関する実践的な能力を備えた
薬剤師・研究者を養成

特別広告企画/横浜薬科大学

医療界の世界的トレンドに対応した4学科を設置

広大な緑豊かなキャンパス

横浜薬科大学は日本薬学発祥の地、横浜に2006年に「個性の進展による人生練磨」を建学の理念として開学しました。以来、「薬物治療の個別化」に対応できる、臨床現場に強い薬剤師、研究者を送り出しています。

また日本薬学界の「薬学教育モデル・コアカリキュラム」に加え、一般教養や「こころ豊かな医療人」の育成を重視し、薬学分野はいうまでもなく、生命科学の教育にも注力しています。

現在医療界では「漢方」「臨床」「健康」が世界的なトレンドとなっており、それらに対応する3学科=漢方薬学科、臨床薬学科、健康薬学科を設置しています。3分野が相互に密接に連携し、現代医療のあらゆる課題に応えられる研究体制が整っています。実験・実習施設も整備されています。

2015年には薬学、医学、工学を融合した「創薬研究」を行い、薬学関連分野で教育、研究に従事する人材を育成する「薬科学科」を設置しました。2016年4月には教職課程(中学・高校理科)を開設。それにより教員への道も開かれます。

また特待生に選考されると、国公立大学と同じくらいの学費になるというユニークな奨学金制度も特色です。入試の成績によって、授業料が全額(220万)~40万円減免される4タイプの成績優秀合格者特典が設けられていますので、入学定員の約半数は特待生、特別奨学生として採用されます。

横浜薬科大学
薬学部
漢方薬学科、臨床薬学科、健康薬学科(6年制)、薬科学科(4年制)
お問い合わせ
横浜薬科大学
横浜薬科大学
〒245-0066
神奈川県横浜市戸塚区俣野町601
 0120-76-8089(直通)
 toiawase@hamayaku.jp
 http://www.hamayaku.jp
資料請求