カープ新井が独白!「元職場」で生きる覚悟

2000本安打を達成した39歳の熱い思い

結果をいえば、2015年のカープは、わずか1勝の差でクライマックスシリーズ進出を逃した。とても悔しい思いをした、しかしその一方で昨年は、とにかくファンへの思いが大きくなった年だった。

「元職場」に戻った僕の決意

『赤い心』(KADOKAWA)には新井選手の「カープ愛」が綴られている(上の画像をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

一度はカープを離れた自分に対して、これだけの声援をくれ、応援してもらえる。これほどの感動をもらったのだから、今度はファンの人たちにお返しをしなければならない。自分のプレーで、バットでファンを喜ばせてあげたい。

そんなファンの人たちが一番喜ぶのは何か。試合に勝つこと、そして20年以上も遠ざかっている優勝をすることだ。優勝して、ファンに喜んでもらいたい。

プロに入って一度も優勝を経験したことのない自分が、ファンに優勝の喜びを与えたい、というのはおかしな話かもしれない。でも間違いなく、今はそのためだけに野球をやっている、と断言できる。

勝ちを求めて移籍したタイガースでも結局、一度も優勝は経験できなかった。40歳も目前になり、自分もある程度、先が見える年齢になった。残りの野球人生でやり残したこと、やはりそれは優勝しかない。

もう絶対に戻ることはない、戻れないと思っていたカープで優勝できれば、これ以上の幸せはない。帰ってきた自分に対して、これだけ応援してくれるファンへの「感謝の気持ち」を形にするためにも、故郷の広島で最後の勝負をしたいと思っている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。