米女性キャスターの裸盗撮、ホテル側と和解

和解の条件などは不明

4月25日、米スポーツキャスターのエリン・アンドリュースさんが、自身の裸が隠し撮りされた動画が流出したことをめぐり、撮影現場となったホテル側と和解した。テネシー州ナッシュビルで昨年6月撮影(2016年 ロイター/ERIC HENDERSON)

[25日 ロイター] - 米スポーツキャスターのエリン・アンドリュースさんが、自身の裸が隠し撮りされた動画が流出したことをめぐり、撮影現場となったホテル側と和解した。テネシアン紙と芸能メディア「E!ニュース」がアンドリュースさんの弁護人の話として25日に伝えた。

報道によると、和解の条件などは明らかになっていない。和解が成立したのは両者の弁護人が出廷する数時間前だったという。

テネシー州の裁判所は3月にホテル側の責任を認定。アンドリュースさんへの賠償金5500万ドル(約61億円)を認める判断を下していた。

アンドリュースさんは2008年に取材のために同ホテルに滞在した際、隣室に宿泊したストーカーの男が壁に穴を開けてアンドリュースさんの着替えを撮影。男はホテルの従業員に隣の部屋を提供するよう要請していたという。動画は翌年にインターネットに掲載された。アンドリュースさんは7500万ドルの賠償を求める訴えを起こしていた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。