三菱自動車、データ「Wチェック」も見逃し横行

関係者「開発部門が肥大化、体質の問題」

 
 
上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

三菱自動車が燃費データを不正に操作していた問題で、三菱自動車では燃費データのチェックは開発部門の他に品質を検査するための部門が行っていたにもかかわらず、その二重のチェックをくぐり抜けていたことがわかった。

関係者によると、三菱自動車では燃費のデータなどはまず、開発担当者がチェックした上で品質管理の検査を行うための部門で「ダブルチェック」を行っていた。しかし、検査部門が機能せず、不正を見逃していたという。

見逃した理由について関係者は「開発部門が肥大化してチェックする体制が弱かった。体質の問題だ」と指摘している。

また、国内の法令で定められた方法以外で燃費のデータをとっていたのは2002年以降、国内で約200万台に上ることも明らかになった。

こうしたことを踏まえて三菱自動車では26日午後、国土交通省にこれまでの調査結果を報告する方針。

日テレニュース24の関連記事
九州新幹線 早ければ明日にも運転再開へ
東京・江東区のマンションで火事 5人けが
宝くじ収益金40億円を熊本地震の支援に

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。