通はこれ!モノ雑誌編集者の「ガチ買いモノ」

いま1万円あったら何を買う?

モノに詳しい人たちは今何を買っている?(sasaki106 / PIXTA(ピクスタ)
日夜新作情報に触れ、高コスパモノを追い求めているという雑誌『MonoMax』(モノマックス)の編集部員たち。彼らの財布の紐を緩めさせた最新の買いモノ事情を一挙に公開します。

家族とシェアできるシンプルなサコッシュ

シンプルな顔立ちで、ストラップを外せばクラッチ持ちもできる優秀さ

『MonoMax』編集長の柚木さんが自腹で買ったのは、深みのある色合いと柔らかな風合いを引き出したコーデュラナイロンと、植物タンニンなめしレザーのコンビ素材が上品な「アッソブ ハイデンシティ コーデュラナイロン サコッシュ」(7000円)。フラップは面ファスナー留め。斜めに延びた羽根にD環を付属しているので肩掛けの際もスマートに持てる。

「いまサコッシュ自体がバッグ業界でのトレンドとなっています。片手はスマホで塞がる現代、両手を空けられるバッグが人気で、荷物の少ない休日にサコッシュを持たれる方が増えています。こちらはたまたま買い物をしていたときに見かけて、思わず衝動買いしてしまったサコッシュなんですが、気づけば休日や旅行になるとコレばかり使っている気がします。

購入の決め手は、見た目のよさだけでなく、使用感とサイズバランス。これが本当にちょうどいい! 財布やスマホなどの必要な手回り品がすべて収まるというのはもちろん、荷物を入れてもわずらわしく感じさせないというのが、このバッグの使い勝手のよさを支えているのかと思います。ユニセックスで使える見た目なので、家族とシェアするのにもちょうどいいんですよ」(柚木さん)。

次ページデザインもおしゃれなコンパクトホットプレート
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。