女性の労働参加促進で成長率は上がる

IMFエコノミストの提言

日本の生産年齢人口(15歳から64歳)は、1995年の約8700万人をピークとして、2050年には約5500万人まで減少する見通しだ(図1)。これは、1950年代とほぼ同じ規模に相当する。韓国や中国でも、近いうちに、生産年齢人口の減少が見込まれているが、日本のピークアウトが一番早かった。

 

 

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
秋から始める<br>プログラミング

30~50代、しかも、金融、不動産など幅広い業種の社会人がプログラミングを学び始めている。1カ月でマスターする方法、高収入が得られる言語を紹介。読めば秋から始めたくなる。