女性の労働参加促進で成長率は上がる

IMFエコノミストの提言

日本の生産年齢人口(15歳から64歳)は、1995年の約8700万人をピークとして、2050年には約5500万人まで減少する見通しだ(図1)。これは、1950年代とほぼ同じ規模に相当する。韓国や中国でも、近いうちに、生産年齢人口の減少が見込まれているが、日本のピークアウトが一番早かった。

 

 

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。