女性の労働参加促進で成長率は上がる

IMFエコノミストの提言

日本の生産年齢人口(15歳から64歳)は、1995年の約8700万人をピークとして、2050年には約5500万人まで減少する見通しだ(図1)。これは、1950年代とほぼ同じ規模に相当する。韓国や中国でも、近いうちに、生産年齢人口の減少が見込まれているが、日本のピークアウトが一番早かった。

 

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。