犬山紙子式、「1日を長く使える人」の睡眠術

賢い友人たちは皆、睡眠を「管理」していた

犬山さんのポジティブオーラは「眠り」から生み出されていた!

身近な恋愛エピソードをユニークな視点で綴ったエッセイ『負け美女』でブレイクし、現在はTV番組のコメンテーターとしても活躍中の犬山紙子さん。エッセイストとしての鋭い切り口とは対照的に明るくマイペースなキャラクターが魅力です。

そんな犬山さんのポジティブオーラは、いったいどのような「眠り」から生み出されるのでしょうか?

朝のTV番組出演を機に「睡眠スタイル」が一変

当記事はFuminnersの提供記事です

意外にも睡眠時間は「だいたい8時間」という犬山さん。昔から寝ないとダメな体質だそうで、エッセイストとしてブレイクする以前から睡眠時間だけはしっかり確保し続けているとか。

一方で、「最近、180度変わりました」と明かすのが睡眠サイクル。2015年3月から、朝の情報番組『スッキリ!!』へのレギュラー出演を機に、完全な夜型だった生活が一変したそうです。

「昔、地方の出版社で働いていたときは徹夜が当たり前だったんですね。そこから完全に昼夜逆転してしまって朝5時ごろに寝て13時ごろ起きる…という生活をずっと続けていたんです。

でも、『スッキリ!!』出演の日は、朝6時にスタジオに入らなければならなくて。最初はその日だけ寝不足でも我慢しようかと思っていたんですが、やっぱり本番中に眠くなるんですよ。これは根本から対策しないとダメだ、と。思い切って夜12時には寝る生活に切り替えたんです」(犬山さん)

以来、番組出演がない日は8時に起き、『スッキリ!!』出演日は5時に起きるという早寝早起きの健康生活にチェンジ。

次ページ睡眠が変わって、体調、精神、部屋まで変わった!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。