中村芳夫 日本経済団体連合会 副会長・政治委員長

わたしの『自民党論』

わたしの『自民党論』軸はぶれていないプロビジネスの政策を--中村芳夫日本経済団体連合会副会長・政治委員長

--自民党総裁選、民主党代表選をどう評価しますか。

自民党の候補者5人の主張は、重点の置き方に違いはあったが、軸は同じだったという印象を持った。その点で見ていて安心感があった。

一方の民主党は、代表選の軸が見えづらかった。現政権の政策が進まないのは、衆参のねじれが原因というより、むしろ民主党内がまとまっていないことが最大の問題点だと考えている。

──2009年の敗北を経て、自民党は変わったのでしょうか。

まだわからない。政権を取ってから評価するしかない。ただし自民党の政策の軸はぶれていないと思う。

──政権を奪取した場合、何を期待しますか。

ビジネスを推進する政策だ。円高や経済連携協定の遅れ、電力料金、公的負担の重さ、労働・環境規制など、日本経済は課題だらけだ。しかし民主党政権が打ち出したのは、アンチビジネス的な政策ばかりだった。それらは企業を国外へ追い出す政策であり、世界のどこにもそんな政策を採っている国はない。仮に自民党が政権に就く場合、プロビジネス政策で雇用創出につなげてほしい。

自民党は環太平洋経済連携協定(TPP)に慎重な姿勢を示しており、その点ではわれわれの方向性とは合わない。ただ、自民党は現段階で野党であり、まだ真の決断を迫られていない。与党になった場合、どういう政策を打ち出すかはわからない。政権を取ったら、ぜひ国の将来を考えて決断してほしいと思う。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。