ついにニコ動も巻き込んだエヴァンゲリオン

なぜ動画サイトがアニメとコラボ?

ついにニコ動も巻き込んだエヴァンゲリオン

「ネルフとニコニコのコラボ。すべてはゼーレのシナリオ通りに」

ロボット系アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。さまざまなグッズに展開されているシリーズが、動画サービスに登場した(冒頭は作品中の定番台詞)。

「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」など、日本最大級の動画サービス「niconico」を展開するドワンゴは10月17日、動画サービスの新バージョン「Q」の提供に併せて、エヴァンゲリオンをイメージしたサイトデザイン「エヴァンゲリオンMODE」を公開した。11月17日に公開を控えている映画「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」とのコラボレーション企画となる。

niconico新バージョンの「Q」は5月に始めたバージョン「Zero」の改良版で、視聴画面の動作を軽量化してスピードを上げたほか、パソコンやスマートフォンなどの視聴端末に関係なく動画の視聴履歴を共通化することや、さまざまな画面サイズを選択可能にする機能などを組み込んだ。

そのうち、「エヴァンゲリオンMODE」は、エヴァンゲリオンの作品中で使われている特徴のある活字や関連の画像・映像などを、niconicoのサービスに組み込んでいる。削除されてしまった動画にアクセスした場合は、エヴァンゲリオンの人気女性キャラクターである葛城ミサトのナレーションが流れるなど、エヴァファンが喜ぶ仕掛けがなされている。


niconicoの特徴であるコメント部分もエヴァさながらのイメージ

 

なぜ、動画サイトがロボットアニメとコラボするのか。

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。