熊本、インフラ復旧進む中で残る「不安の種」

豪雨・暴風による土砂災害にも警戒が必要

行方不明とみられる男性を発見し、ブルーシートで覆われる捜索現場=20日午前9時半、熊本県南阿蘇村の高野台団地(撮影・佐藤桂一)

熊本県は20日、熊本地震の死者について同県警が検視して確認した47人以外に、「エコノミークラス症候群(肺血栓塞栓(そくせん)症)」とみられる震災関連死などが11人に上ると発表した。

大規模な土砂崩れが起きた同県南阿蘇村の捜索現場では同日午前、捜索隊が新たに1人を発見した。

同県によると新たに発表した死者11人は、熊本市7人、阿蘇市1人、御船町1人、益城町2人。死因はエコノミークラス症候群のほか、避難所での急性心不全、建物の下敷きになっての圧死などとしている。

停電解消には見通し、一部地域でガス復旧

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

同日午前、南阿蘇村河陽の高野台地区で発見した1人について、同県警などは安否や性別などの確認を急いでいる。一方、同県は、19日に南阿蘇村長野の「ログ山荘・火の鳥」で見つかった女性について、香川県東かがわ市の鳥居洋子さん(37)と身元が判明したと発表した。

気象庁によると、14日以降、20日午後1時までに観測した震度1以上の揺れは692回となった。

熊本地震の影響で14日以降、全線不通となっていた九州新幹線が20日朝、新水俣(熊本県水俣市)ー 鹿児島中央(鹿児島市)で6日ぶりに運転を再開した。約9万5千人が厳しい避難生活を送る中、熊本県内で停電の解消に見通しが付き、一部地域でガスが復旧するなど、生活再建への動きも進んでいる。

次ページ4月中の全線再開は困難か
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。