駐車場での踏み間違い事故を防ぐ--日産「エルグランド」が新技術搭載

駐車場での踏み間違い事故を防ぐ--日産「エルグランド」が新技術搭載

駐車場での踏み間違いによる衝突事故から、人間を守ってくれる車が誕生する。
 
 日産自動車は10月12日、ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故を未然に防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」技術を開発し、年内にエルグランドに採用すると発表した。

日産は、Vision Zero(ビジョンゼロ)という安全目標を掲げ、日産車による交通事故での死亡・重傷者数を実質ゼロにすることを目指している。一方、駐車場などでブレーキと間違ってアクセルを踏み込み、車が暴走して人や壁に衝突する事故は、国内で年間7000件発生。「踏み間違い衝突防止アシスト」の商品化によって、日産が目指す安全な車社会が一歩近づく。

「踏み間違い衝突防止アシスト」は、カメラと超音波ソナーを活用した自動制御で、衝突リスクを低減する。車の周囲を監視するアラウンドビューモニターの4台のカメラは白線の駐車枠を検知し、駐車シーンでアクセルを踏み込んでしまった場合に自動的に加速を抑制。超音波ソナーは、壁などの障害物を検知。衝突しそうになったら、自動ブレーキが作動する。

最初に導入される車種は、年内に一部改良されるエルグランドだ。エルグランドは、今回の新技術の基礎をなすアラウンドビューモニターがすでに標準搭載されているほか、購入者に踏み間違い事故を起こしやすい高年齢層が多い。日産は来年以降、「踏み間違い衝突防止アシスト」技術をほかの車種へ導入することも検討していく。

(長谷川 愛 =東洋経済オンライン)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。