VW「トゥアレグ」の魅力はどこにあるのか

ホットな高級SUV市場における競争力

車体寸法は全長×全幅×全高=4815×1945×1745ミリ

上質で余裕あるサイズのSUVを探しているなら、フォルクスワーゲン・トゥアレグはどうだろう。オフロード性能も高く、走りも意外なほど楽しい。

フォルクスワーゲンにとって初の本格的SUV

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

フォルクスワーゲン・トゥアレグは、フォルクスワーゲンにとって初の本格的SUV。初代は2003年に登場し、2007年にフルモデルチェンジ。2015年に変更を受け、エクステリアの一部が変わるとともに、安全装備が充実した。

トゥアレグV6に搭載されるのは、3.6リッターV6エンジン。低回転域から太いトルクを発生する。力がたっぷりあるので加速性がいい。加えて、ステアリングホイールを切ったときの車体の動きは大きさから期待する以上に俊敏だ。オフロードの走行性能をはじめ、高速道路でもカーブが連続する道でも、運転する楽しさを味わわせてくれる。

次ページトゥアレグのライバル車とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。