あなたの知らない 北海道の歴史 山本博文監修

あなたの知らない 北海道の歴史 山本博文監修

もともと北海道は、アイヌ民族の居住地で日本の領土ではなかった。江戸時代の松前藩は、アイヌ民族との交易で成り立っており、そのため領地を拡大することはなく、幕府も蝦夷地は日本でないとの認識だった。つまり、幕藩体制下の北海道は、倭人とアイヌが混在する地域だった。このように北海道は、本州とは違う独特の歴史をたどってきた経緯がある。本書は、ある意味、外国ともいえた北海道の歴史をひもとく。

蝦夷地や樺太は、どのように開拓されていったのか。日本とロシア・中国との交易を仲介していたアイヌの存在。三度も蝦夷地に渡った「遠山の金さん」の父など、知られざるエピソードが多数紹介されている。

洋泉社歴史新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。