家計の「資産と負債」をきちんと把握しよう

結婚するなら相手の負債チェックも忘れずに

月々の収入と支出に加えて資産と負債も把握しておかないと、真の家計の姿は見えてきません(写真:xiangtao/PIXTA)

結婚相手の条件として、収入は大事なもののひとつです。なんでもかんでも「おカネ」を物差しにするのはあまりいい感じはしませんけど、おカネがなかったら何もできないのも、厳然とした事実です。結婚して、子どもができて、毎月赤字続きでも、「貧しいながらも楽しいわが家」などと言っていられる人って、ほとんどいないと思います。

一定の収入があっても借金があれば話は別

この連載の一覧はこちら

たいてい、夫婦ゲンカはおカネ絡みから始まることが多いですし、ひどくなると離婚にまで発展してしまうケースもあるくらいです。特別、ぜいたくな暮らしを求める必要はありませんが、それでも子どもを育て、自分たちの老後の準備ができる程度の収入は欲しいところです。

結婚して、世帯年収が700万円になるとします。それだけあれば安心できますか? 生活していくためには、安定したキャッシュフローが必要です。会社勤めなら、毎月入ってくるお給料が、キャッシュフローに該当します。おそらく、世帯年収で700万円もあれば、普通の暮らしは十分できるでしょう。

ただし、借金が無ければ、の話です。

ここで問題になるのが、結婚相手が無用な借金を抱えていないかどうか、ということです。独身だった当時、男性が自分の趣味に際限なくおカネを費やす人で、数百万円の借金を抱えていたらどうでしょう。また女性がお買い物好きで、同じように数百万円の借金を抱えていたとします。でも、お互いに資産・負債の状況を相手に伝えないまま結婚したら、どうなるでしょうか。

次ページ何としてでも貯蓄はしましょう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。