局地的ヒット狙うグリコ・ポッキーの挑戦

局地的ヒット狙うグリコ・ポッキーの挑戦

切れ込みの入った麺のように長い生地。45メートルのオーブンを4分間でくぐり抜けるうちに縮んで分断されると、誰もが見覚えのあるこんがり焼けたお菓子になる。江崎グリコの定番商品「プリッツ」だ。


埼玉・北本市の新工場に併設された「グリコピア・イースト」では、プリッツの製造・包装工程、ポッキーの包装工程をガラス越しに見学できる。北本新工場は、北海道、東京、福井の工場を閉鎖・集約して、今年4月に稼働を開始したポッキー、プリッツの生産拠点。1日にポッキー7万箱、プリッツ5万5千箱を生産する。

ポッキー、プリッツは1960年代に発売されたグリコのロングセラー商品だ。ただ、この第1四半期(12年4~6月期)は前年割れの状態だ。「これでいいとはまったく思っていない」と江崎勝久社長(=下写真=)は言う。

挽回のカギになるのが、北本新工場の武器である「多品種少量生産」の活用である。グリコは北本新工場に100億円を投じて最新鋭の設備を備え、生産ラインの切り換え時間を短縮した。これによって、容量や味を変えた10種類の商品を常時つくり分けることができるのだ。

これによって、季節限定品やファミリー向け大袋商品のように、その時々で売れ筋となる商品の生産量を適宜増やすなど、需要の細かな変化に対応していく。「単品の工場は稼働率が高くてよいが、工場としてはできるだけいろんなものをつくれたほうがいい」と江崎社長は話す。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。