緊迫!シャープ “切り札”IGZO液晶に黄信号

矛盾するオンリーワン戦略

緊迫!シャープ切り札IGZO液晶に黄信号矛盾するオンリーワン戦略

差し当たりは、朗報だ。

韓国サムスン電子が来春発売するスマートフォン「ギャラクシー」の新モデルに、シャープ製の液晶パネルがほぼ内定した。5インチフルハイビジョン(HD)対応、スマホ向けでは世界最高水準の画素密度を実現した最新パネルだ。

サムスンはこれまで、液晶パネルを搭載する「アイフォーン」との差別化を狙い、輝度の高い(明るい)有機ELパネルを積極的に採用してきた。だが、フルHDに対応する有機ELパネルの開発が来春モデルの発売に間に合わなかったもようだ。アイフォーン5になんとしても負けたくないサムスン。有機ELの開発部隊にハッパをかけつつも、高精細な液晶パネルの採用に踏み切った。

今年4月に発足したジャパンディスプレイ(JDI)はすでに同案件に内定。「(シャープとの2社で)月産400万~500万枚レベルになるだろう」(観測筋)。シャープは、現在はアイフォーン4S用パネルを量産している多気第3工場(三重)で、年内にも生産ラインの切り替えに着手する方向だ。

シャープにとって液晶パネルは、現在の経営危機を招いた主因だ。今2013年3月期の液晶事業は、1000億円超の営業赤字を見込む。ただ9月以降は、亀山第1工場でアイフォーン5用液晶パネルの生産が立ち上がり、「順調に歩留まりが上がっている」(シャープ首脳)。そして今回のギャラクシー受注。ようやくほの明かりが灯ったように見える。

 

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。