新指導体制で変わる平壌

北朝鮮の今 

9月初旬、平壌・順安空港から平壌市内に向かう時から、その変わりようには驚かざるをえなかった。

記者は1998年2月に訪朝したことがある。当時の北朝鮮は、核問題による国際的な孤立が深まり、そのうえ自然災害などで食糧難が極限に達していた「苦難の行軍」の時期。平壌市民の表情からは笑顔も見えず、街全体が暗く沈んでいた。

ところが、14年後の今、市民たちの服装、特に女性の服装は華やかになり、表情も和らいでいるように見えた。東京や北京などと比べればもちろん暗いが、街灯もかつてよりは多く点灯され、マンションの窓から漏れる明かりも以前より多く、かつ明るさが増した。

今回、日本人ジャーナリストの訪朝団の一員として入国。1週間の全行程には、北朝鮮当局の案内員がつき、宿泊先も予定も平壌に着かないとわからなかったのは、以前と変わらなかった。

滞在中の9月9日は、北朝鮮の建国を祝う共和国創建記念日。北朝鮮と国交を持つ国からの使節や観光客が多数訪れ、順安空港のロビーは人と荷物でごった返していた。

宿泊したホテルのロビーは、朝や夕刻になると欧米人であふれた。北朝鮮が国交を持つ国は世界で約160カ国。この数年、欧州連合(EU)各国との国交も開かれたためか、オランダやイタリアなどからの団体旅行者もいた。さらには、北朝鮮と敵対している米国からのツアー客もいた。「嫌だと思ったらまったく接触しない、来ようとしないのは、日本の人ぐらいなものですよ」という案内員の痛烈な皮肉には、返す言葉がなかったほどだ。 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。