コンビニ好調を喜べないセブン&アイの死角

グループ内の2極化に直面

コンビニ好調を喜べないセブン&アイの死角

小売り大手セブン&アイホールディングスが、グループ内事業の2極化に直面している。「セブン−イレブン」のブランドで展開するコンビニエンスストア事業が好調な一方、総合スーパー「イトーヨーカ堂」は不振にあえぐ。

セブン&アイは4日、今2013年2月期の上期(11年3~8月)決算の発表に併せて、今通期見通しを営業収益5兆0300億円(前期比5.1%増)、営業利益3080億円(5.5%増)に見直した。前期比では増収増益となるものの、期初から売上高300億円、営業利益70億円の下方修正だ。

イトーヨーカ堂が苦戦

下方修正の要因がスーパーストア事業の低迷である。上期は営業収益9898億円(前年上期比0.2%増)、営業利益92億円(同56.0%減)と利益が半減した。既存店売上高伸び率でみると、イトーヨーカ堂は同4.3%減。スーパー業界はダイエーやユニー、マルエツなども同様に低迷している。

スーパー業界は、昨年の震災に伴う買いだめの特需が剥落したのに加えて、この6~7月は天候不順の影響を受けた。加えて、コンビニやディスカウントストア、ドラッグストアといった他業態に顧客を奪われているという側面もある。

それを象徴するかのように、セブン&アイの収益柱のコンビニ事業は上期営業収益9264億円(前年同期比10.8%増)、営業利益1165億円(同6.1%増)ときわめて好調。上期だけで728店を出店しており、通期1350店の出店計画は上積みされる公算が大きい。

中でもセブン−イレブンはコンビニ業界の勝ち組だ。上期の既存店売上高伸び率は前上期比2%。ローソン(1%)、サークルKサンクス(−3.6%)、ミニストップ(−4.3%、プリペイドカード部門の売上計上方針変更の影響額−2%を含む)と、他社と比べても好調が際立っている。

 

次ページ「セブンプレミアム」が好調
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。