熊本地震、倒壊した住宅から赤ちゃん救出

地震発生から6時間、「泣き声」が足がかりに

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

地震発生から約6時間が経過した15日午前3時過ぎ、益城町安永で住宅が倒壊し、1階の寝室で寝ていた生後8カ月ほどの赤ちゃんが生き埋めになっているとの情報があった。

警察官や自衛隊、消防隊など50人ほどで重機などを使い、救出活動にあたった。そして午前3時45分――。偶然空間のできた場所にいた赤ちゃんは、ほぼ無傷の状態で救出された。

現場で救助にあたった救急隊員によると、屋根から赤ちゃんの泣き声が聞こえたため、救急隊がピンポイントで救出することができたという。

日テレニュース24の関連記事
「神戸山口組」を指定暴力団に指定
北 新型ミサイル「ムスダン」発射失敗か
歌舞伎町火災 男「金になるもの欲しくて」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>君は沸騰都市を見たか?

アジアのシリコンバレー、中国・深圳。スマホの世界大手ファーウェイ、ドローンの最大手DJIが本社を構える。起業家の野心が沸騰する街から始まった製造業革命の実像に迫る。