ハーバード生を「日本で接待」して見えたこと

存在感の薄い日本をアピールする方法

日本を訪れたハーバード生たちは何を思うのか?

3月中旬、午前8時ごろ。ドイツ人、メキシコ人と東京・品川駅構内を歩いていると、何か面白いものを見つけたかのように急にはしゃぎ始めた。

「これがリアル・ジャパンだ!」

目の前には勤務先へと急ぐ会社員の群れ。日本人にとっては見飽きた毎朝の通勤の風景だ。だが彼らにとっては、その様子こそが新鮮らしい。

「ここまで多くの人が規則正しく歩く姿を、今まで見たことがない」

ポケットからiPhoneを取りだし、出口へ向かって一方向へと突き進む集団を何枚もカメラに収める。日本人にとっては当たり前の光景が、外国人にとっては珍しいのかと、新たな日本の側面を発見した瞬間だった。

地位が低下する日本を、ハーバード生はどう見るか

3月中旬にハーバードの大学院、ケネディスクールの学生を連れて日本を旅した。行き先は東京、福島、京都で、期間は1週間。日本をより深く知ってもらい、“日本ファン”を増やしたいとの思いから、ケネディスクールの日本人学生がボランティアで企画した旅だ。

参加者は米国、フランス、ロシア、リトアニア、ガーナ、スーダン、ブラジル、チリなど計20か国の48人。年齢も20代から50代と幅広い。そんな多様な人材が日本をどう見て体験したのか。

そんな彼らの様子を今回は紹介したい。

そもそもハーバードは日本をどう見ているのだろうか。昨年夏からハーバードで学びながら感じるのは、世界における日本の地位の低下だ。

次ページ話題になかなか出ない「日本」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。