ガザで万病に効く「蜂刺し治療」が大盛況

抜け毛からがんまで効く

 4月12日、パレスチナ自治区ガザで「蜂刺し治療」が盛況だ。クリニックを開くラテブ・サムールさん(58)のもとには抜け毛から脳性まひ、がんまでさまざまな症状を抱えた患者が1日に250人も訪れている。11日撮影(2016年 ロイター/Suhaib Salem)

[ガザ 12日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザで「蜂刺し治療」が盛況だ。クリニックを開くラテブ・サムールさん(58)のもとには抜け毛から脳性まひ、がんまでさまざまな症状を抱えた患者が1日に250人も訪れている。

しかし、サムールさんは医師でもなければ、病院で働いたこともない。父親から蜂刺し治療の技術を受け継いだという。

これまでの研究によって、体の特定ポイントを蜂に刺させることで症状の改善が見込めるという。サムールさんは「疑問を感じたこともあったが、今では優れた療法だということが証明された」と語った。

11日には2年以上にわたって顔面まひを患っているパレスチナ人の少女アルヤ・アルガファリさん(10)が父親に連れられてクリニックを訪れた。同クリニックで治療を受け始めてから9カ月近くになるという。

少女の父親で政府職員のサイードさんは「蜂刺し治療は通常の薬による治療よりも効果的だ。娘は当初、痛みを感じていたが、次第に良くなってきたようだ」と話した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。