「世界的1兆円企業目指す」

メガネの“革命児”ジェイアイエヌ社長に聞く

メガネの“革命児”ジェイアイエヌ社長に聞く「世界的1兆円企業目指す」

超軽量メガネやPC(パソコン)用メガネなど革新的な商品と市場最低水準の価格を武器に高成長を続けるのが、「JINS(ジンズ)」ブランドでメガネ専門店をチェーン展開するジェイアイエヌだ。最近もPC用メガネの自動販売機を投入するなど、長らく旧態依然としていた業界に革命的新風を巻き起こしている。新しいライフスタイルの変化を先導していくことで、右肩下がりにある市場全体の底上げも狙う。

ジェイアイエヌも2008、09年(8月期)は最終赤字と辛酸をなめた。株価も一時39円とどん底へ落ちた。そこからどうやって起死回生を果たしたのか。この先、どう成長路線を持続していくのか。創業者でもある田中仁社長に聞いた。

高成長は過去の全否定から始まった

--最近2~3年の成長ぶりは目を見張ります。

私はここに来てやっと「経営」というものが少しわかった気がします。経営では志やビジョンといった「根っ子」が大事と言いますが、以前は言葉ではわかっていても、本気で考えていなかった。根っ子がしっかりしていれば、少々の波風にも動じない。幹としての組織や戦略ができ、どう闘うかという戦術が枝葉としてできてくる。そうやって「JINS PC」などの果実が生まれる。

志というのは、ある意味、信仰に近いかもしれません。波風が来たときに耐えられるもの、拠り所になるものは、やはりそこなんだと思います。

大きな転機になったのは、当社の経営が厳しかった08年に、ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長にお会いする機会をいただいたことでした。もう、それまでの自分と会社を全否定された感じでした。自らの甘さ、ビジョンのなさ、存在価値のなさに気づかされました。

それまでも01年以来、「メガネはファッション」「安く買える」でやっていたが、それは競争に勝つための1つのアイデア、戦略にすぎなかった。いっときはそれで勝てても、長続きしない。ファッションだけであれば、うちよりもすばらしい会社はたくさんある。


(ランニング専用サングラスなどもそろえる)

 

この会社の存在価値はどこにあるのか。われわれはどこを目指すのか。私自身、経営者として何がしたいのか。それらが凝縮されて1つのものにならないと、世の中に対して本当に説得力のあるものにならない。そこで自分の気持ちが固まったのです。「JINSはイノベーターである」と。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。