ブラジル 跳躍の軌跡 堀坂浩太郎著

ブラジル 跳躍の軌跡 堀坂浩太郎著

2014年のサッカーW杯、さらには16年のリオデジャネイロオリンピックを控え、注目を集めるブラジル。今世紀に入ってからの民主化の定着と経済成長をベースに勢いを増すこの国の変化に、政治・経済・社会・対外関係などから、ラテンアメリカの研究者が迫っている。

1980年代半ばの軍事政権の崩壊から、わずか四半世紀で一等国の仲間入りを果たそうとするこの国の強みとは何なのか。それは、豊富な資源を基にした輸出と、国民の消費パワーに裏打ちされた内需の二つ。そこに多民族・多人種社会で培った行動力を加えることにより、さらなる発展を狙っているという。

急速な発展ゆえに直面する課題も指摘されている。

岩波新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。