現代人の「買物欲」は、なぜ簡単に流れるのか

あの便利ツールが、むしろ「買物ストレス」に

「いつでもどこでも買える利便性」が、逆に買物欲を流去させている?!(写真:Taka / PIXTA)

前回記事:事実!日本人の「買物欲」は衰えていなかった

あるモノに対して「欲しい」と思っても、8割近くの人がその買物欲を忘れ、失ってしまう──。今、日本で世代を問わず見られるそんな現象を、私たちは調査によって確認した。そして、その現象に「欲求流去(よっきゅうりゅうきょ)」と名前を付けた。

では実際、買いたいという欲求はどんなきっかけで流れてしまうのか。今回の調査では、欲求流去のきっかけとして考えられる23項目について被験者にアンケートを実施。その中でより共感を得たトップ5を紹介したい(詳細は、欲求流去実態調査にも記載)。

「買物タイミング」をつかみ損ねる現代人

1位:欲しいと思った後、色々な情報に接するうちに、買いたい気持ちが弱まってしまった

もともと情報増によって起こった欲求流去の現象だけに、やはりこの項目がトップに来た。しかし2位以下に目を転じると、直接的な情報だけが原因というわけでないことも見えてくる。

2位:また今度欲しくなったら買おうと思ううちに、買いたい気持ちを忘れてしまった

3位:今この価格でこの商品を買っていいのかどうか、迷ってしまった

なるほど、これらは「買物タイミング」をつかめず先送りすることで欲求流去が起きているパターンだろう。さらには……

4位:本当に自分に役立つかどうか迷っているうちに、買いたい気持ちが弱まってしまった

5位:その商品を本当に欲しいのかどうか、いまひとつわからなかった

と、「モノの必要性」を見極めることが出来ずに、欲求が流去してしまったケースも多いようだ。

整理すると、「過剰な情報」「買物タイミング」「モノの必要性」への迷いが、欲求流去に深く関係していると言えるだろう。ではなぜ、これらの点が重要になるのか。ここからは生活者の声をもとに、もう少し詳しく分析していきたい。

次ページ口コミサイトが起こす「面倒」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。