ハリポタ「発売前に流出」はニセモノだった

政府機関は小説のリークまで監視している

 4月10日、小説「ハリー・ポッター」の出版社が英通信傍受機関から、小説の中身が流出しているとの通報を受けていたことが明らかに。写真は同小説の作者、J・K・ローリング氏。ロンドンで2013年11月撮影(2016年 ロイター/Olivia Harris)

[ロンドン 10日 ロイター] - 英ファンタジー小説「ハリー・ポッター」の出版社が政府の通信傍受機関から、小説の中身が流出しているとの通報を受けていたことが分かった。流出した内容は実際には偽物だったが、政府機関が小説のリークを監視していたことが明らかになった。

報道によると、英出版社ブルームズベリーのナイジェル・ニュートン最高経営責任者(CEO)が前週、豪ABCラジオに話したところでは、2005年に政府通信本部(GCHQ)から電話があったという。その内容は、当時発売直前だった第6巻の中身が「インターネットに流出している」というものだった。

その文章を読み上げてもらい、同社の編集者が確認した結果、偽物であることが分かった。

GCHQは事実関係について「『闇の魔術に対する防衛術』に関してはコメントしない」と答えたという。この「防衛術」は、「ハリー・ポッター」シリーズに登場するホグワーツ魔法魔術学校で教えられている架空の教科を指している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。