日本の消費税率、15%まで上げる余地

OECD事務総長「10%で課題は解決しない」

 4月11日、経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長(写真)は日本の消費税率について、長期的には15%まで引き上げる余地があるとの見方を示した。エルサレムで1月撮影(2016年 ロイター/Amir Cohen)

[東京 11日 ロイター] - 経済協力開発機構(OECD)のアンヘル・グリア事務総長は11日、日本の消費税率について、長期的には15%まで引き上げる余地があるとの見方を示した。その上で、消費税率は徐々に上げていく経路を作ることが重要だと強調した。都内の講演で語った。

OECDは同日公表した政策提言集で、日本の公的債務は「未知の領域に突入している」と指摘した。

グリア氏は、社会保障改革を中心とした歳出抑制と、新たな歳入の確保が不可欠だとしたうえで、経済成長への負担になりにくい税の一例として消費税を挙げた。一方、2017年4月に消費税率を10%に引き上げただけで日本の諸課題が全て解決されるわけではないとも語った。

また、グリア氏は講演後、記者団に対し「円が安全通貨とみなされている事実は為替介入では変えられない」と述べ、介入によって為替の過度な変動は緩和されるが、基調は変わらないと指摘した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。