ペルー大統領選、1位と2位の決選投票に

フジモリ氏とクチンスキ氏

 4月10日、ペルーで、大統領選の投開票が行われ、3つの出口調査によると、アルベルト・フジモリ元大統領の娘ケイコ・フジモリ氏(写真中央)が首位に立っている。リマで撮影(2016年 ロイター/Mariana Bazo)

[リマ 10日 ロイター] - ペルーで10日投票が実施された大統領選挙は、選挙管理当局の中間集計で、アルベルト・フジモリ元大統領の娘ケイコ・フジモリ氏(40)が得票率38%で1位、次いでクチンスキ元首相(77)となり、両氏の決選投票となる見込みだ。

ペルーの大統領選挙は、得票が過半数に届く候補がいない場合は1位候補と2位候補による決選投票が実施される。決選投票は6月5日に予定されている。

選管ONPEによると、開票率20%時点で、フジモリ氏の得票率が38.04%、クチンスキ氏が25.48%、国会議員ベロニカ・メンドサ氏(35)は16.22%となっている。

決選投票では、フジモリ元大統領のかつての強権政治を批判する有権者がケイコ・フジモリ氏の対立候補に投票する可能性が高い。4月5日には首都でフジモリ氏反対派による数万人規模のデモを行われた。

一方、メンドサ氏は、ペルーの主要産業でありながらも環境破壊を伴う鉱山開発に依存する経済からの脱却を提唱。終盤の世論調査で急速に他候補を追い上げた。

ONPEは、11日に集計作業を終えるとしている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。