フェイスブック使って幹事の手間減らす、GDOがゴルフ場予約サイトに誘導する新アプリ

フェイスブック使って幹事の手間減らす、GDOがゴルフ場予約サイトに誘導する新アプリ

インターネットによるゴルフ場予約やゴルフ用品販売の最大手、ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)が、ゴルフの幹事役を務める人向けに、参加者、日程、場所(プレーするゴルフ場)の調整をサポートするためのアプリ「ゴルカン」をリリースした。

ゴルカンはフェイスブック用のアプリとして作られており、フェイスブックのアカウントを持っている人なら、誰でも無料でダウンロードしたうえで利用可能。ゴルフの幹事役をやろうと決めた人が、(1)参加者候補にフェイスブックやメールアドレスを使ってゴルフのラウンドを企画している旨を通知して出欠を取る(2)参加者候補に候補日程をいくつか示して希望日を投票してもらう(3)候補コース(ゴルフ場、および「キャディー付き」「食事付き」などのプランも提示)をいくつか示して希望するものを投票してもらう、というのがゴルカンの主要機能だ。

ゴルフ幹事が使うための日程調整ツールはすでに複数存在する。その中でゴルカンの特長は、日程の調整だけでなく、プレーするゴルフ場の候補もアプリ内で「検索」「追加」「希望投票」することが可能な点。ゴルフ場検索でコースやプランを選択するときには、GDOのゴルフ場予約サイトの検索エンジンと同じものを使っており、候補となっているゴルフ場をクリックすると、GDOのゴルフ場予約サイトに飛んで、その詳細を調べることができるという。

ゴルカンには大きく分けて、幹事がさまざまな設定を行うための「幹事用画面」と、幹事から誘われた参加者候補が出欠や希望する日程・場所を投票するための「参加者画面」の2つがある。幹事用画面はフェイスブックのアカウントを持つ人でないと利用できないが、参加者画面はフェイスブックのアカウントを持たない人でも利用できる。

日本でのフェイスブック利用者数は足元でようやく1000万人を超えたところ。幹事役がフェイスブックのアカウントを持っていたとしても、そのゴルフ仲間が皆、フェイスブック利用者とは限らない。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。