アパレルから弁護士へ転身した男の恋愛観

弁護士の婚活事情最前線<5>

アパレル業界バイヤーから弁護士へと転身した史也33歳

一口に弁護士といっても、実に様々な男性たちがいることが分かってきたが、今回は、かなり珍しい経歴を持った弁護士を紹介する。

<今週の東京婚活弁護士>
名前:史也33歳
勤務先法律事務所:大規模法律事務所
年収:約1800万円
学歴:国立大学ロースクール
住まい:神楽坂
家賃:20万円
交際ステータス:独身・彼女なし
好きな動物:猫(日本猫、マンチカン)

前職はアパレル業界バイヤー!異色の経歴の持ち主

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

ここ10年程で、多彩な経歴を持った弁護士が増えたというのは、一般には意外と知られていない事実だ。

従来の司法試験は、大学の法学部在学中から受験を始め、何回か不合格となり悔しい思いをした後、20代後半でようやく合格、というのが一番多いパターンで、弁護士になる前に企業などで働いた経験のある人はあまりいなかった。

その後制度が変わり、現在では、司法試験を受験するためには、原則としてロースクールを修了することが要件となった。ロースクールには、法律を学んだ経験のない者を対象とした未修者コースが設けられ、社会人経験があり、法律以外の分野の知識・経験を持った人材が求められるようになった。

他の業界から司法試験を受験して合格した弁護士の前職は、外資系金融のトレーダー、新聞記者、大手企業のビジネスマンなど幅広い。驚くべきことに、二大国家資格である医師免許と弁護士資格のダブルホルダーという強者までいる。

次ページ弁護士の結婚相手として一番多い職業は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?