歴史のなかの大地動乱 奈良・平安の地震と天皇 保立道久著

歴史のなかの大地動乱 奈良・平安の地震と天皇 保立道久著

歴史学者である著者は、8~9世紀、つまり奈良時代と平安時代初頭の歴史史料を読み込むと、この時期は地震や火山の噴火などが相次ぎ、地震活動期に入った現在の日本と重なると論じている。

貞観地震・津波、富士山噴火、南海・東海地震、阿蘇山噴火など、一つひとつの自然災害と時代背景を明らかにすることで、時の為政者たちが未曾有の危機にどう対処し、どう乗り越えようとしたかを検証。併せて大地動乱が日本の東北アジアでの針路選択にどう影響したかも推し量る。

特に、869(貞観11)年に陸奥国沖で起きた大地震と陸奥海溝津波は、3・11の東日本大震災とよく似た地震の強さ、震源断層だったと指摘した論考は刺激的だ。

岩波新書 861円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。