経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ 佐伯啓思著

経済学の犯罪 稀少性の経済から過剰性の経済へ 佐伯啓思著

日本の緊急問題はデフレと雇用不安にあり、「構造改革」が長期的停滞の原因と断じる。それも、誤った「思想」を信じ続けるかぎり、危機からは脱出できないという。

経済学は、効率性の追求を最優先すべしという「価値」を選択させる。さらに競争主義、個人主義、能力主義、成長主義という価値にも囲い込む。だが、その価値への強制によって、人間のほうが奴隷になっているのではないか。

日本の活路を開く「か細い一本の道」は脱成長主義の社会へ向けた社会像を構想し、その方向へ向けた「公共計画」を官民協調の下で実現することだと、著者は強調する。経済学の源流や貨幣の誕生までさかのぼり、危機の本質とその脱出の方途に迫る。

講談社現代新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。