海賊とよばれた男 上・下 百田尚樹著

海賊とよばれた男 上・下 百田尚樹著

創業者出光佐三(本書では国岡鐵造)の強烈な個性によって出光興産(国岡商店)は世界に例を見ない石油会社へ成長した。鐵造の波乱の生涯を描いた700ページを超える長編ドキュメンタリー小説だが、相次ぐヤマ場と細部まで目配りの利いた文章とで最後まで引き込まれる。内外の市場開拓に苦闘した戦前、終戦直後の破天荒なタンク清掃受託、メジャーや国内カルテル体制との徹底抗戦、そして何より世界を敵に回してのイラン原油引き取り。

どの場面でも鐵造の並外れた人間的魅力には圧倒される。日章丸が日本とアバダンを往復する一部始終は迫力十分だし、鐵造に心酔する部下たちが一体となって難局を乗り越えていく様はしばしば感動的でさえある。ドラマチックな企業小説として堪能できるだけでなく、人は何のために生きるのか、組織はいかにして火の玉たりうるのか、考え抜くことがどれほど大切か等々多くのことが学べる教材としても面白い。(純)

上 講談社 1680円

  

下 講談社 1680円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。